ゴーヤー棚のスイカの所を網で囲む

    業者の競合

    現在、ネズミの他にハクビシン、イタチ、ア...

    Readmore
    生息地 ハクビシン

    業者に依頼する

    「ハクビシン」は近年、首都圏の街中、住宅...

    Readmore
    罠

    被害の増加

    現在では、害獣による被害が増え、特にハク...

    Readmore
ゴーヤー棚のスイカの所を網で囲む

現在、ネズミの他にハクビシン、イタチ、アライグマなど様々な害獣による被害が増えています。
害獣による被害は類似している点が多くあります。
肉体的な被害は、排便・排尿やマーキングによる異臭被害と、体内に感染症の原因となる細菌を持っていたり、寄生しているダニ・ノミによるアトピーやぜんそくなどの健康被害を引き起こします。
精神的な被害は、住宅の天井裏や床下に棲みつき、ハクビシン、アライグマなどの夜行性の害獣が多いので、夜間に活発に動き回ることで騒音を起こし、睡眠の妨げを引き起こします。 続きを読む

グリーンパネル

本来森林に棲みかを構えるハクビシンですが、近年自然環境の変化により、住宅街や田畑等で目撃される様になってきています。
農作物を荒らしたり、家や庭に侵入する等の被害があり、再び被害を受けない為の対策が必要です。
退治する為の忌避剤を、送料無料で販売している業者や、排水口等の侵入口を防ぐための丈夫な材料で、施工を行っている業者もあります。
ネットワーク暗視カメラによる24時間監視システムで、ハクビシンの生息状況を確認するという、被害対策も行われています。 続きを読む

生息地 ハクビシン

「ハクビシン」は近年、首都圏の街中、住宅地等でも目撃・捕獲されるようになってきています。
野生動物であるハクビシンは、日本の四国と本州の東半分に生息し、北海道でも局地的に見られる事があります。
ハクビシンは、額から鼻にかけて白い線があり鼻はピンク色で、尾が胴体と同じ程の長さが特徴です。
「塀の上を歩く」「木に登る」「電線の上を歩く」等、運動能力が高い為に捕獲が難しく、専門の害獣駆除業者に駆除の依頼をする事が、一般的となっています。 続きを読む